HOME > サポーターズボイス

サポーターズボイス
ご支援いただいた方々のコメントを掲載させていただきます。

花山開発株式会社 中村源吾様

P1000187.JPG人間展プロジェクト2017に向けて 

 「人間展グランプリ」「人間展2014」を経て、協会と参加者との親密な関わりが、独自の美術公募展へと変貌を遂げてきました。
 人間展におきまして、多くの方々の協力のもと、参加作家がテーマに沿った作品を展示でき、全国各地で観賞していただけたことは大変意義深いものがありました。
 社会に対してアートに出来ることは何か — 人間との関わりを密にする人間展協会にとってふさわしい、次回のテーマは『コラボレーション』であります。個から生まれたものが何かとぶつかった瞬間、違う価値観のものを創造することが出来るように思います。今までに無かった発想で共同制作を実現することを期待したいと思います
 WEB人間展に参加された方同士によるコラボを実現するために、協会では作家同士のコンタクトの連携を考え、実行委員会がお手伝いする体制も整えつつあります。また発表候補地の会場の推薦など、色々なご意見を戴いております。今後も全国におられる作家さんと観賞してくださる方々から、良かったと言って頂ける人間展であり続けるよう運営できればと思っています。これからもよろしくお願いします

人間展協会 顧問 中村源吾 

NPO法人 G.C.C 松本繁 様

人間展2017プロジェクトに向けて

松本画像.jpeg
芸術とは、アーティストの生命奥底からやむにやまれぬ創造への衝動が作品という形となり自己表現が完結する。
しかし、作品が発表され鑑賞者の目に触れた段階でそれは変容する。鑑賞者は作品を通して、意識する・しないに拘らず創造的生命のダイナミズムを作品に感じようと仰視する。
人間展協会のコア・テーマは「人間の善性、潜在能力、尊厳性」を呼び覚ます運動と聞く。これこそ芸術文化が人々を結ぶソフトパワーの核心であろう。
人間展2014を大成功させた人間展協会、さらなる「人間展2017プロジェクト」に期待する。

愛媛大学名誉教授 若江賢三 様

アートと人間

wakae.jpg
テレビのある場面で「I am in my place.」という言葉を聞いた。直接的には素晴らしい環境に恵まれた自然への讃歎の表現であったと思われる。この言葉は同時に自身がまわりを包み込んだ宇宙との一体感を得たことへの感動の表現でもあったろう。
素朴な言い方となるが、アートというのは、壮大なエネルギーを秘めた宇宙の鼓動に呼応しつつ、生きるモチベーションを創り出すことの営みであろう。それが民衆に根ざし、かつ民衆と共有されることこそが、アートのアートたる所以であろう。ことに人は人格の形成において、アート作品との関わりが重要となる。私も一市民として、人類の直面する諸課題を乗り切るエネルギーと智恵が、アートと共に開発されゆくことを切に祈ってやまない。そして、人間展のサポートの役割が何らかのかたちで果たせたらと願っている。

Gallery H.O.T 福岡勝久 様

 存在感増す『人間展』と『ART-BOND』

KatsuhisaFukuoka_s.jpg
ふと、アーティストと一般社会との繋がりが希薄だと感じることがある。この事は、画廊経営者としての、こちら側の責任も大きく、反省すべき事は多々あるのだが、その希薄さの結果として、多くの素晴らしいアート作品と人々が出会う機会が少なくなり、そして優れたアーティストも一般社会で認知されていない事は、非常に残念な事だと感じている。そんな中、もっと一般社会にアートを浸透させ、アートで人間をつなげようと活動する『人間展』や『ART-BOND』は、とても嬉しく、有難い存在だと思っている。
 そこで、広く一般に解放されたこのような場を利用し、アートを通し、是非、アーティスト側からも、積極的に、より一般社会への繋がりを持って欲しいと願っている。その行動は、より多くの人々に、アートに対する理解と共感を与えると共に、必ず、アーティスト自身の社会的活動機会を増やし、活躍の可能性が広がるものだと信じている。   

Gallery H.O.T 福岡勝久

株式会社パジコ 木村進 様

bind_free083.jpg彫刻家 堀内健二氏が現代アートに対する日本での閉塞感に発奮、たぎる情熱から立ち上げた人間展。芸術による社会活動への第一歩を称賛し、三回展のさらなる成功を期待しています。


「web人間展」「人間展2014」へのご支援
誠にありがとうございました。

サポーターの皆様をご紹介させて頂きます。

花山温泉 薬師の湯/有限会社マツシゲ/若江賢三
株式会社パジコ/門田義治/青江内科クリニック/Gallery H.O.T
有限会社カイエン/長尾栄治/有限会社 堀内環境造形研究所

人間展協会は、全国美術公募展「人間展2014」をとおし、人間のための芸術の復興へ挑戦を続けます。

寄付のお願いLinkIcon

「第1回人間展グランプリ」へのご支援
誠にありがとうございました。

サポーターの皆様をご紹介させて頂きます。

花山温泉 薬師の湯/株式会社エキスプレス/株式会社パジコ/多田環境株式会社
ひろた内科クリニック/有限会社マツシゲ/株式会社ワールドハウス
ネットメディアこうべ/山陽土建工業株式会社/株式会社プラネット
青江内科クリニック/門田義治/NPO法人グローバル・カルチャー・センター
有限会社 堀内環境造形研究所


寄付のお願いLinkIcon